オルゴォル 

カテゴリ:お気楽読書

観劇の感想を書かないといけないのですが、ついつい読んでしまいました。(^^ゞ

今回のお気楽読書は 朱川湊人著作の「オルゴォル」です。

朱川湊人氏は、以前「花まんま」でもエントリーしました。
が・・・実は同じ著者であるとは気づかずに借りて、後から‘あ~そうなんだ‘ とか、思ったのでした。(^_^;)

そのくらいですので、まったく予備知識なしで読み始めたのですが ケッコウ内容的には重い本だと思いました。
なんと申しましょうか・・・読み進むうちに‘あー、この本はこういう内容の本なのね‘ っと、改めて思うような内容でした。

で・・・これはどのあたりの年齢層に向けて発信された本なのかな~ っと、思いました。
主人公が小学生なので、学校の図書室にあってもいいし 書いてある内容の微妙な色合いは大人でないと汲取れないような気がしますし たぶん・・・かなり広い年齢層を取り込むことのできる本なのでしょう・・・。

どうも本の中で書かれている主人公の少年が暮らしている団地が、私の生活圏に近い場所のような気がいたします。(^_^;) 
さらに、自分の子供が主人公と年齢が近いので 本の中の世界観がスゴク身近に感じられました。


      




ランキング参加中です。
一押しお願いいたします。

関連記事

テーマ : 読書メモ ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

ハヤトがぐいぐい成長していく様子に引き込まれ、
一気に読んでしまいました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「オルゴォル」朱川湊人

「実は前から、ハヤ坊に頼みたいことがあってなぁ」東京に住む小学生のハヤトは、トンダじいさんの“一生に一度のお願い”を預かり、旅に出る。福知山線の事故現場、父さんの再婚と新しい生命、そして広島の原爆...